平成 22年 9月 1日発行     更生保護法人 千葉県帰性会 会報「ふくでん」      第 5 号
千葉県帰性会だより 平成22年9月1日
ふくでん 題字
題字:理事長 橋本照稔 更生保護法人千葉県帰性会
千葉県千葉市若葉区貝塚町27番地 Tel043-231-1610 Fax043-231-1621
 帰性会の充実を願う
千葉県帰性会 副理事長千葉県帰性会 副理事長
 児 玉 重 夫


 日頃、更生保護法人「千葉県帰性会」にご理解ご支援を頂き有難く存じます。私が帰性会理事を拝命して早くも11年余となります。有難いご縁と思うこの頃であります。
 実は私の寺(宗胤寺)の先代住職もかって帰性会理事をつとめておりましたので帰性会の名称は知っておりましたが、施設のお仕事については全く存じませんでした。理事就任を期に施設内の見聞き等を通して少しづつ知る様になりました。
 思いおこせばその当時、施設長、伊藤嘉明さんの施設管理運営、そして不死身とも思えた常務理事、遠藤良雄さんの更生保護事業に対する熱き思いが忘れられません。「帰性会」はその名称の示すところ、「人間は本来正しい美しい心(仏性)を宿して生まれて来ている。たとい過ちを犯した人と言えども必ず善良な心(仏性)に帰ることが出来る。」と言う願いが根底にあります。
 現今、社会の情況は時代を背景に変わっております。特に高齢化の様相は各分野で例外なく進行しております。帰性会に於いても入所者の年齢の巾は広く若者より高齢者が多いと聞くところであります。更生保護の大事な一面に就労のことがあり、従来からの協力企業の方々には大変お世話になり本当に有難く感謝しているところであります。
 私もここ1〜2年施設長の熱い思いと就労指導に見守られ、お寺の清掃をお願い致しました。仕事は短期就労で入れ替わりですが、皆、朝のあいさつは明るくよく仕事をしてくれて有難い限りです。影ながら一日も早い更生と社会復帰の出来ることを願うものであります。
 更生保護業務の充実については千葉保護観察所の指導を頂き「就業規則」の改正をみることが出来ました。また各位皆様から物心両面にわたるご支援特に町内・なかよし会の皆さん、各地区保護司会、更生保護女性会の方々のご協力に対しまして本当に有難く思います。特に帰性会賛助会員の皆様方には更生保護行政にご理解を頂きご協力を賜り誠に有難い限りであります。
 今後共何卒よろしくお願い申し上げご挨拶といたします。 合掌。
ふくでん』とは帰性会が過去「千葉福田院」と称したことに因み、名づけたものである。
福田」とは佛教語で「善い行いの種子を蒔いて、福徳の収穫を得る田畑」との意味である。
 題字を書いて戴いた成田山新勝寺貫首であり帰性会理事長でもある橋本照稔氏に、この広報誌を「ふくでん」と名付けていただきました。
 新しい施策に期待して・・・
千葉保護観察所 統括保護観察官千葉保護観察所  統括保護観察官
 神 村  修


 「いつになったら山に戻っていいのか?」彼がボソッと呟いたのは更生保護施設に入ってまだ間もなくの頃でした。
 戦災孤児として、自分の名前や生年月日を知らず、幼少時は物乞い、成人後は日雇い人夫として生き、その後は15年ほど山の中で、時に狸や狐と会話し、時に山野草を煮炊きするといった生活を送っていました。たまたま猫の餌代を拝借に神社境内に出没し御用。起訴猶予となり、更生緊急保護により都内某更生保護施設に入所したのは今から五年ほど前のことでした。
 その後、更生保護施設で日常生活を送る上でのスキル指導を受け、さらに家庭裁判所で新たに戸籍を立て、現在はどこかで元気に暮らしていることと思います。
 さて、この事例に見られるように、親族等からの適切な援助が受けられず、高齢者であるため又は障害等を有するために社会内で自立した生活を営むことが困難な刑務所出所者等に対し、法務省と厚生労働省とがタイアップして行う「地域生活定着支援事業」が平成21年度からスタートしました。
 ところで、千葉県と千葉保護観察所では、地域生活定着支援事業を効果的に行うため、拠点となる「地域生活定着支援センター」の開所を本年10月1日とするべく、現在準備を進めているところであります。
 千葉県帰性会では、この地域生活定着支援事業の一環として、高齢者又は障害を有する者であって、かつ適当な住居のない者について、社会福祉事業を行う施設等に住居を確保し、公共の衛生福祉に関する機関等による必要な福祉サービスを受けられるようにするための『特別処遇』を実施していただいております。
 今後、この地域生活定着支援センターの開所により、これらの高齢・障害者に対する円滑な社会復帰・再犯防止策について、皆様方の御支援・御協力をお願いする次第です。
 よろしくお願いします
千葉保護観察所 保護観察官千葉保護観察所 保護観察官
 峯 岸 昌 矢


 日々、被保護者と面接を重ねる中、「仕事に就けるかどうか不安です」「仕事が決まりません」という言葉を耳にします。不安定な社会情勢の中、千葉県においては有効求人倍率が0.43倍(平成22年4月現在)と就職するには大変厳しい状況にあります。被保護者と一緒に就労支援(法務省と厚生労働省が連携した総合的就労支援施策)を受けるため、職業安定所に赴いたところ、求人情報を検索できるパソコン端末は、老若男女を問わず、職を求める人で満席の状態になっていて、職を求める人の多さに驚かされました。比較的よい条件が揃っている会社は、求人の募集が出てから早めに申し込みをしなければ、競争率が高くなり、採用される可能性も低下するとの説明が同所の担当者からあり、あらためて就職活動の厳しさを実感した次第です。同行した被保護者は、職業安定所の就労支援担当者から様々な助言を受けながら、一生懸命に仕事を探した結果、幸いにも希望していた住込みができる職場を見つけることができ、後日、更生保護施設から旅立っていきました。必ずしも成功すると言い切れないところもありますが、今後も就労支援等を活用し、関係機関や協力雇用主の方々にもご協力をいただきながら、改善更生に結びつけられるよう支援していければと考えています。ご協力をよろしくお願いいたします。

 ● ご賛助に感謝いたします

昨年に引き続く多くの方に御賛助いただき誠に感謝申し上げます。
【 平成21年度会費納入者 】
賛助会員
(順不同、敬称省略)
個 人
岡上宏
鈴木喜美子
岡野康男
旭照愿
島根康堂
木田信秀
新井貞男
藤代喜道
花島田鶴子
平野明
関晴子
君塚淳
小畑哲夫
工藤照淳
深山俊男
市原優
野上佳成
樋口利治
内山松江
天笠榮三
石井本子
加藤義昭
広田照滋
岸田照泰
佐野潤一郎
橋紀男
川嶋義一
保田研精
伴春男
田中成章
川名清司
山ア照義
白鳥照誉
角田奨 
阿地敏子
関義央
山本晃子
武山忠孝
石井尭慧
安藤真謙
五井野照秀
小島和子
押尾文雄
岡野義広
緒方隆幸
二宮正治
山崎トミエ
橋本照稔
大森道貫
鈴木照彦
石川隆教
金子隆昭
佐藤誠泉
菊池紀生
北村和英
山崎正信
団 体
京葉事務器株式会社
宗教法人宗胤寺
野田地区保護司会
株式会社ホンダカーズ千葉中央
有限会社中央自動車工業
宗教法人最上寺
延命寺(富津市)
臨済宗妙心寺派大龍寺
社団法人千葉県自動車整備振興会
千葉県自動車販売店協会
千葉県軽自動車協会
印旛地区保護司会成田支部
千葉市仏教会
円勝寺
證明寺
龍正院
常蓮寺
延命寺(千葉市)
印旛地区保護司会印西支部
印旛地区保護司会八街支部
成田山深川不動堂
自性院
成田山八街分院不動院
秀覚寺
印旛地区保護司会佐倉支部酒々井町分会
印旛地区保護司会佐倉支部四街道市分会
株式会社ホンダプリモ木更津
株式会社ホンダカーズ柏
株式会社ホンダカーズ東総
株式会社ホンダカーズ京葉
株式会社ホンダプリモ新千葉
株式会社ホンダカーズ松戸
株式会社ホンダクリオ総武
八街地区更生保護女性会
株式会社ホンダプリモ栗山
株式会社ホンダカーズ東葛
株式会社ホンダプリモ小見川
株式会社ホンダプリモ東葉
宝樹院
宗教法人栄福寺
有限会社尾出商店
株式会社昭和広告社
ラウンジ・ミント
宗教法人 光明寺
唱題寺
はるのや
千葉エコーライオンズクラブ
冨田電気工業株式会社
八街BBS会
株式会社マツザキアグリビジネス
あいおい損害保険株式会社千葉本部
パーラばら
善雄寺
宝樹寺
有限会社黒川商店
財団法人アジア刑政財団千葉支部
株式会社ホンダカーズ西千葉
ホンダカーズ千葉東
株式会社ベルエポック

その他 匿名の方々
 ● 寄付・奉仕に感謝いたします
【 平成21年度分 】21.4.1 〜 22.3.31
寄 付 者(順不同、敬称省略)
個 人
加瀬光子
橋みつゑ
田中成章
本澤俊雄
杉本好一
成田サエ
石川文英
君塚淳
川口みき
野村良雄
山下てる子
伊藤孝子
児玉重夫
松ア征一郎
真鍋樹雄
石橋毅
坪井初枝
長谷川照善
村上佼正
俵谷利幸
長岡章
寺田み江
坂宮敬三
岡野悦子
五島つばさ
安井洋一
西川照幸
石井本子
斉藤實
団体
宮内庁(天皇陛下御下賜金)
千葉県流通商防犯協力会
野田地区更生保護女性会
中央地区更生保護女性会
更生保護法人 千葉県更生保護助成協会
市原地区更生保護女性会 有秋支部
八街少年院
茂原市更生保護女性会
長柄地区更生保護女性会
花見川地区更生保護女性会
若葉地区保護司会
更生保護法人 自誠会
稲毛地区保護司会
豊和建設株式会社
株式会社西船企業
長柄地区保護司会
銚子地区更生保護女性会
香取地区多古町更生保護女性会
千葉県更生保護女性会連盟
千葉市更生保護女性会連絡協議会
市原地区更生保護女性会 南総支部
市原地区更生保護女性会 市津支部
市原地区更生保護女性会 姉崎支部
市原地区更生保護女性会 市原支部
市原地区更生保護女性会 辰巳支部
絵手紙サークル「ほほえみ」
八千代地区更生保護女性会
小池海苔店
日本更生保護協会
千葉県BBS連盟
緑地区更生保護女性会
貝塚第一町内会
株式会社君塚鉄筋
船橋市更生保護女性会
稲毛地区更生保護女性会
習志野市更生保護女性会
習志野八千代地区保護司会 八千代支部
市原地区更生保護女性会 三和支部

成田市更生保護女性会
市原地区更生保護女性会 加茂支部
安房地区更生保護女性会
四街道市更生保護女性会
市原地区更生保護女性会 五井支部
松戸地区更生保護女性会
千葉市保護司会連絡協議会
若葉地区更生保護女性会
緑地区保護司会
富里地区BBS会
株式会社キミカ
自誠会
なかよし子供会
有限会社丸善建設
ふるさと
中央地区保護司会
富里市更生保護女性会
市川地区更生保護女性会
睦沢町更生保護女性会
東葛飾地区更生保護女性会
君津地区更生保護女性会
佐倉市社明実施委員会
一宮町更生保護女性会
京葉カントリー倶楽部
NPO法人 にこにこ稲毛
フェローシップ・エチケット委員会
株式会社ひまわりサービス
長生村更生保護女性会
千葉クリーニング株式会社
市原地区更生保護女性会 ちはら台支部
全国更生保護法人連盟
千葉県保護司会連合会
株式会社一心
株式会社光営
中台ビジネスホテル
長野県佐久市更生保護女性会
その他 匿名の方々
寄付金をはじめ、作業着などの衣類・米や野菜などの食品、テレホンカード・カレンダーなどの生活用品、その他さまざまな品々を寄付して頂きました。帰性会での生活・自立に役立ててまいります。
絵手紙サークル「ほほえみ」の皆さんより頂きました
今年も食堂を明るく飾っています
多くの皆様の御寄付・奉仕に感謝申し上げます。
  高額寄付者に対する感謝状贈呈
  平成21年度(順不同、敬称省略)
法務大臣の感謝状 委員長の感謝状
(関東地方更生保護委員会)
富 津 市 株式会社 キミカ
千 葉 市 千葉県流通商防犯協力会
千 葉 市 京葉カントリー倶楽部
フェローシップ・エチケット委員会
NPO法人 にこにこ 稲毛
千葉市 長谷川 照善
千葉市 株式会社 西船企業
銚子市 安井 洋一
感謝状伝達の様子
(千葉保護観察所長さんから)
記念写真を撮影し、ささやかな
祝賀会を行っています

  ● 千葉県帰性会に通い続けて
    AAミーティング   堀 (39歳・千葉県)
 私はアルコール依存症のAAメンバーとして平成十九年十一月より三年半、月2回の帰性会で行われているAAミーティングに通わせて頂いて、過去の自分と向き合い正直に告白することで飲酒、借金、逃避から遠ざかることができています。私の過去は十五歳で酒を覚えてから一緒に暮らしていた家族の中で孤立し、定職を持たず家に帰らず飲み屋、ギャンブル場に入りびたりそれらを続けるためにサラ金からの借金をくり返し、二十六歳の時借金の返済ができなくなり家族に知られるのを恐れて逃げるように出ていき、パチンコ店、冷凍倉庫内の仕分け、風俗店の客引きと転々としながら酒を飲み続けるために借金をくり返し、いつも逃げるように職を離れる。平成十四年一月お世話になることができた風俗店酒を飲み続けるために店のレジから売上が金を盗み、店にあるボトルを勝手に飲み続けた。レジから抜いた金を穴埋めするために借金をくり返し、自分の首をしめていった。四年後の平成十八年にはアパートの家賃も払えず、光熱費も払えず放り出し浮浪者になり公園で生き倒れ警察署、市立病院、精神病院、福祉に助けて頂き、もう一度生き直すチャンスを頂きました。
 仲間と一緒に帰性会に通い始めた頃は自分には服役経験がなく何を話せばいいのだろうとオドオドしていましたが日頃の仲間とのかかわりやここに通わせてもらうなかで過去経験したことだけを見つめて話していけばいいんだと気づくことができました。
またミーティングの中でメンバーの体験談終了後入所されている方の話から自分と同じような経験された話を聞くと分かち合えた気がしてうれしさを感じます。これからもよろしくお願いします。
  (原文のとおり)
土屋 徹 先生を講師に迎えての
勉強会です
自己紹介の仕方や挨拶の仕方など
参加者も実際にやってみました
笑いもあり、楽しい勉強会でした
  ● 社会奉仕作業
千葉刑務所の墓地
清掃奉仕(草取り)
砂利敷きの墓地ですが、
草が相当生えていました。
 千葉刑務所の墓地の除草作業をしました。希望者を募ったところ1名いました。その方は、千葉刑務所で長く服役した方でした。墓地の清掃は、受刑中もなく今回が始めてとのことでした。この墓地は、刑務所で亡くなり引き取り手のない遺骨を埋葬しています。刑務所さんからは教育首席さんが、わざわざ現地まで飲み物等を持って来て下さいました。厚く感謝申し上げます。
 掃除が終わり墓地が綺麗になり、奉仕した私たちも気持ちよくなりました。誰のための奉仕作業でなく自分のためのせめての社会奉仕でした。会に帰りシャワーを浴びて体が軽く感じました。参加希望者が少ない、たった1名でしたが、1対1の被保護者との貴重な時間に意義があったと思っています。 
    (帰性会職員 萱原)

グラフでみる収容状況
 21年度は、定員20名のこの施設ですが、1日平均人員を95%の19名として事業計画を立てていましたが、平成21年度は,23.6名もの近年にない多くの人を保護することができました。今後も1人でも多くの人の自立更生を支援し、明るい犯罪のない社会作りに貢献したいと思っています。
平成21年度

 ● 初仕事の厳しさ
   一日体験談  被保護者(34歳)
 今回社会復帰での最初の仕事として、「建築・土木」の会社へ臨時に行く事となりましたが、私の心の内は不安で一杯でした。このような気持ちになる事も先ず今だ嘗て経験した事が無かったので私のような人間が務まるものなのかと自問自答の繰り返しでした。然し、施設長さんから、わざわざ言葉を頂いたので行かせて頂きましたが、私の不安が的中したかのように、回された現場は「解体」でした。このような体力仕事なので「きつさ・厳しさ」は心得ておりましたが、正直、初めの気持ちの段階から体力がもたないと思っておりました。何にせよ何年間のブランクがありましたから、私の予想以上に体が動かなく、ましてや未経験という事もあり、何をしてよいものか戸惑うばかりでした。この私の行動が現場の皆さんに迷惑をかけているという事も、十分に分かっておりました。その気持ちを察しておりましたから無駄に時間を過ごすよりも何かしら役に立たなければいけないと思い、現場の方に聞きながら仕事を熟しました。結果的に、体力の限界もありましたから一日しか働けませんでしたが、この厳しさを知った事も私の中では良い経験だったと思います。この経験を生かし新たな職探しに取り組み、安定した生活を目標に頑張って行きたいと思います。最後になりますが、会社の社長さんを始め施設長さんには大変感謝をしております。今後このような仕事はないと思いますが、わざわざ仕事を頂けた事有難いと思っております。「戦力」にはなりませんでしたが、お金を稼ぐという事が改めて知りました。「決して楽には稼げない」今後も、心中に収め頑張っていきます。(原文のとおり)
 ● 無期刑での仮釈放
   40余年ぶりの娑婆  被保護者(58歳)
 昭和41年、私はある県の小さな町で罪も恨みも無き人を殺めました。自分で出来ず共犯者に殺させました。卑怯者です。過去を悔い深く反省しております。私の場合奇遇と申しますか、入所日と出所日が同じです。現在千葉県帰性会にお世話に成って居ります。ここ保護会は、色々な設備が行き届き、食事も美味しい。又、施設長さん始め職員の方々の親切丁寧に感謝して居ります。建物のまわりに植木がたくさん有り緑に囲まれて本当に環境の良い素晴らしい所です。私は保護会に来て精神的肉体的に10年若く成りました。今後は先生方のご指導を受け一日も早く自立できる様に努力します。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。この辺で私の感想文と致します。(原文のとおり)

  役員の素顔
帰性会 評議員
 鶴岡 志さ江
 絵手紙グループ「ほほえみ」の代表者をご紹介いたします。
6年程前から先生の呼びかけで先生の自宅において絵手紙を書かれている「ほほえみ」というグループ名も先生が名付けられたものとのこと。ご近所の方6名ほどのグループだそうです。
8月の12日午後2時ころ先生のご自宅にお伺いして作品を作っているところを見せていただきました。
絵の具は、顔料とかを使っていて、当日の題材は、野菜でした。長く続いている秘訣は「へたでいい、へたがいい」との会のスローガンだそうです。でも皆さん本当にお上手でした。それ以上に楽しそうでした。終わってからスイカ、お菓子などをおいしく頂きました。当会の食堂の掲示板には、いつも絵手紙と俳句が飾られています。季節の変わり目ごとに俳句とともに入れ替えて下さり在会者目を楽しませて頂いています。今後ともよろしくお願い申し上げます。
作品を手に
当日お集まりいただいた皆さん

 天皇陛下御下賜金   拝受のご報告 

 平成21年12月23日の天皇誕生日に際し、当会に対して天皇陛下の思召しを宮内庁長官からの御沙汰書と御下賜金という形で平成21年12月25日(金)午前11時から千葉地方合同庁舎5階会議室にて伝達式が実施され、千葉保護観察所の所長である石川信一殿から当会の理事長である橋本照稔に伝達され、有難く拝受いたしました。
 伝達式には、来賓として千葉地方検察庁検事正はじめ多くの団体の代表者が来て下さいました。当会については、3回目の御下賜金(昭和60年4月29日、平成9年12月23日に続き)の拝受となりました。更生保護施設の使命を再確認し、犯罪のない明るい社会づくりの一環としてより一層の努力を致したいと思います。
 帰性会の活動にご理解・ご援助いただいた皆様に深く感謝いたします。
御沙汰書 及び 御下賜金
平成21年12月23日付けの
宮内庁長官から御沙汰書
千葉保護観察所長から
千葉県帰性会理事長に伝達された。
−天皇誕生日御下賜金について−
毎年度、天皇陛下は 12月23日の天皇誕生日に際し社会福祉等の事業御奨励のため、優良私設社会事業団体に対し、金員を下賜されています。
     (法務省の報道発表資料より引用)

 ● 帰性会ホームページ  
* 見て下さい *
千葉県帰性会でも ホームページを開設しています。
昨年の春に、デザインを新しくしました。帰性会の名前の由来や施設のことなど内容も充実させました。今までに発行した「ふくでん」も紹介しています。また、「今日のできごと」はブログとして仕事の合間に少しずつ更新しています。ぜひ一度ご覧になっていただければと思います。これからどんなことを載せていけばよいか、まだまだ考えながらの状態です。皆様のご意見・ご感想・アイデアなど お聞かせください。
 ホームページアドレスは
http://www.chibaken-kiseikai.org/
または 検索欄に『帰性会』と入力して検索してください。
検索


 あとがき
『ふくでん 第5号』の発行です。
例年になく本当に熱い8月中にこの広報誌を作成しました。いつも原稿を集めるのが遅れて余裕のない発行になってしまうことを反省しています。多々、誤りもあると思いますが、ご勘弁願いたいと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

千葉県帰性会だより ふくでん 第5号
ふくでん 一覧へもどる